開業から経営まで万全のサポートを約束!
介護・デイサービスのオススメフランチャイズBEST3

介護・デイサービス事業で人気が高まっているフランチャイズ。

デイサービスが占める主な3つの種類は、
「大規模型」、「民家型」、「リハビリ型」です。
中でも、今最も注目されているのは「リハビリ型デイサービス」です。

2006年に厚生労働省が発表した診療報酬改定により、
保険が適応される入院リハビリ日数が最大180日まで制限されました。

その結果、退院後にリハビリができず、寝たきりになってしまう、
患者の行く先がなくなる「リハビリ難民」という言葉も生まれています。

そしてその数は予備軍も含めると、何と200万人とも言われています。

高齢化社会になっていく日本にとって、
今後、介護・デイサービスの事業は注目すべきマーケットであり、
需要はさらに増していくでしょう。

2本目の事業展開を検討している法人経営者さまや、
フランチャイズビジネスをそもそも検討されていた方には
【低資金で始められ、毎月安定した『利益』を生み出すビジネス】
として、この「リハビリ型デイサービス」は是非お勧めしたい事業の一つです。

ここでは介護・デイサービス業界のフランチャイズ企業を総合的に調査・比較し
ランキング形式で評価しました。
今後、介護・デイサービスの開業を真剣に考えている方は参考にしてみてください。

デイサービスの
種類
リハビリ型デイサービス(パワーリハビリテーション)
加盟金/ロイヤリティ 加盟金:150万円
ロイヤリティ:固定 17万円/月
【開業資金目安】
545万円前後
対応エリア 全国※現在100店舗以上あり
収支例 稼働率90%/月間売上約540万円/月間営業利益 約300万円
サポート体制 融資サポート/物件の選定・工事から行政への申請/事業計画書の作成/営業指導/研修制度/コールセンター完備/独自開発のレセプトシステムなど

公式サイトはこちら

オーナーの声

オープンして7か月たちましたが、当初の予定通り実績も伴ってきています。一番うれしいことは、利用者さんが利用者さんを引っ張ってきてくれる状況が生まれていることです。また、スタッフもやりがいを持ってやってくれていることがとても嬉しいです。(元建設業)
経営している接骨院の隣スペースに運動機能回復に特化したリハビリ型デイサービスを考え、具体的にどのようなプロセスでやっていくのかがわからなかったので、開業支援の指導を依頼し開業しました。利用者さんのリハビリ成果もきっちり出ていて、とても喜ばれています。(接骨院経営)
公立病院の医者で経営について何も知らなかったんですが、5月に会社を作って2か月で開業しました。5か月弱で、契約者77となり黒字を達成しました。パーキンソン病の方が杖をつかずに歩けるようになったり、喘息の方の肺活量が増えて歩ける距離が長くなったり、腰痛やひざの痛みにも、パワーリハビリの効果が見えています。(内科医師)

公式サイトはこちら

デイサービスの
種類
民家型小規模デイサービス
加盟金/ロイヤリティ 加盟金:200万円・他に開業準備金60万円
ロイヤリティ:固定10万円5000円/月
【開業資金目安】
700万円前後
対応エリア 全国※現在80店舗前後あり
収支例 稼働率90%/月間売上355万円/月間営業利益77万円
サポート体制 行政対応/営業同行/24時間コールセンター/遠隔監視/請求代行業務など

オーナーの声

看護の現場から介護の必要性を感じ施設を開設しました。開業や法人登記の設立ノウハウがわからなかったので、サポート付きのフランチャイズに加盟することにしましたが、本部サポートとケアがしっかりしていたので樹楽に決めました。(元看護師)
高齢者が増加する一方、施設や医療機関の受け入れ体制が整っていないため、365日24時間というサービスを提供する樹楽は、今後ますます需要が増えていくビジネスモデルだと考えます。樹楽は開業までの申請手続きもしてくれて月一研修もあるので、信頼できます。(元ネットカフェFCオーナー)

樹楽(アクロス)の開業システムについてさらに詳しく

デイサービスの
種類
民家型~大規模型デイサービス
加盟金/ロイヤリティ 加盟金:310万円~※定員15名以下の場合
ロイヤリティ:6%から(売り上げにより変動)
【開業資金目安】
500~800万程度
※別途運転資金800~900万
対応エリア 募集エリアのみ※現在170店舗前後あり
収支例 月間売上260万円/月間営業利益 80万円
サポート体制 物件の商圏調査・行政確認/管理者研修/営業サポート/運用改善アドバイスなど

オーナーの声

営業職を23年間やってきましたが、介護業界は景気にあまり左右されないという点に魅力を感じました。ヒューマンライフケアを選んだのは介護事業で積み重ねてきた歴史と経験の深さが一番の決め手となりました。(元サラリーマン 男性)
デイサービスの開設は整骨院鍼灸院で患者さんと接するうちに介護の必要性を感じたことが一番大きなきっかけでした。本部のサポートがなければ、開所までにもっと時間がかかっていたかもしれません。ケアマネジャー訪問も本部の担当者が同行してくれたので助かりました。(整骨院鍼灸院経営 男性)

ヒューマンライフケアの開業システムについてさらに詳しく

全国展開・日本最大手のリハビリ型の デイサービス「リハプライド」がオススメ介護・デイサービスをフランチャイズビジネスとして開業するなら、当サイトでは、リハコンテンツ株式会社のリハビリ型デイサービス「リハプライド」(旧レッツ倶楽部)をお勧めします。
その理由は以下となります。

ポイント1

消費者からのニーズが高い介護保険を利用できる「リハビリ型」デイサービス

クリックして続きを見る

介護・デイサービスのフランチャイズは全国に沢山あります。
それでは、リハプライドはそれらと比較してどう優れているのか?
リハプライド(旧レッツ倶楽部)は、介護保険で利用できるシニア向けフィットネスの要素を取り入れ・・・。
自立した生活や仕事や生活を楽しめるようになる、リハビリに特化したスタイルのデイサービス(通所介護)です。
リハビリ型デイサービスは介護保険を利用できるので利用者の負担も少なく、これから需要が高まる介護サービスの中でも、特に注目されているサービス形態。
日本ではリハビリ型デイサービスを取り入れているのはわずか5%。
フランチャイズを検討している方にとっては、大きな強みとなるでしょう。

ポイント2

リハプライドは成果の出るリハビリをお約束

クリックして続きを見る

それでは、実際のリハビリはどのように行っていくのか?
リハビリ指導はマシンによる「パワーリハビリテーション」を採用。
要介護者が安全に使用するために、医療先進国ドイツの認証を獲得したメディカルフィットネスマシンを取り入れています。
パワーリハビリテーションは単なる筋力トレーニングではありません。
全身各部の使っていない筋を再活性化することを目的とした運動をすることで、動作性や心理的活動の向上を図っていくことを重要視しています。
リハプライド以外にもリハビリ型の施設はありますが、成果に結びつかないという声も多く聞こえます。
しかし、リハプライドは医療器具を使い、身体の機能改善を図る「パワーリハビリテーション」なので、確実に機能の改善ができるのです。
今までのような「1日お預かり型デイサービス」と自立した生活をサポートする「リハビリ型デイサービス」。

あなたはどちらを選びますか?

ポイント3

固定ロイヤリティなので、利益が出た分はがんばりとして還元

クリックして続きを見る

フランチャイズに加盟して売上がきちんと出せるのか、開業資金がどれぐらいかかるのかと不安に思っている方もいらっしゃると思います。

その点をお伝えしていきますと、リハプライド(旧レッツ倶楽部)の加盟金は200万円。
開業資金は2500万円前後(運転資金含む)となっています。
一見額が大きいようにも見えますが、開業してから数か月間の運転資金を含んでいるためこの金額になります。

他社はギリギリ必要な額を開業資金として提示することが多く、その安さに惹かれる人も多いのですが、運転資金は別途必要になるため、後になって想定していたより金額がかかってしまったというケースも見られます。
また、開業者の経歴や経済状況にもよりますが開業資金が足りない場合は融資支援の相談にも乗りますので、場合によっては0円からの開業も可能です。

そして、注目すべきはロイヤリティ。
ほとんどのフランチャイズは「売上の〇〇%」とパーセンテージでのロイヤリティのところが多いですが、リハプライドは17万円の固定制です。
利益が出た分はオーナーのがんばりとして、還元することを前提にしています。

ポイント4

圧倒的に事業所数が足りないから集客に苦労しない

クリックして続きを見る

リハプライド(旧レッツ倶楽部)は全国でフランチャイズ展開が可能です。
高齢化が進んでいる地方でも開業できるので、新規参入でも大きなビジネスチャンスとなります。

また、ご利用者様を車で送迎するため、駅からの距離や交通の便も関係ありません。
場所に左右されず、家賃の安い物件からでも開業できる可能性が高いので、賃貸のコストを抑えることもできます。

リハビリ難民は200万人いると言われてる中、1件のリハビリ型デイサービス事業所で受け入れられる上限人数は50~100人程度。
圧倒的に事業所が足りないことを考えると、集客に苦労しない地域貢献ビジネスと言えます。

ポイント5

徹底したサポート体制で開業前から開業後まで安心フォロー

クリックして続きを見る

リハプライド(旧レッツ倶楽部)では開業前に必要な市場調査、物件の選定・工事から行政への申請、事業計画書の作成、各種マニュアル提供、ホームページの作成等サポート・・・。
そして、開業後の販促活動、ご利用者様獲得フォロー、運営・経営相談、勉強会等円滑にしていくために定期的にきめ細やかなフォローしています。

人材育成サポート

スタッフの育成のため、各自の業務をきちんと理解・習得し、自身が指導できるレベルに到達するまで研修を行います。

基本知識を座学にて学び、OJTにて現場での運営を習得する6日間の研修を実施します。

集客営業サポート

利用者を獲得するのに欠かせないのが地域のケアマネジャーへの営業活動。
ケアマネジャーへの営業アプローチ、同行営業を行います。

採用支援サポート

スタッフを募集する求人媒体の選定、面接の立ち合い等、採用専門スタッフが連携してサポートします。

本事業には有資格者が必須なので、適正の高いスタッフの選定をお手伝いします。

ポイント6

出光興産株式会社との資本業務提携

クリックして続きを見る

超高齢化が進んでいる我が国において、高齢者が住み慣れた地域で、自立した生活を送れるよう支援する取り組みが求められている今日。

リハプライドでは“自立支援介護”と“パワーリハビリテーション”を全国のリハビリ型デイサービスを提供。

一方、石油業界は国内石油需要の減少が続いており、出光興産株式会社としても、地域に密着した経営を行っている系列販売店の強みを生かした新規事業の探索をしている中・・・。

リハプライドは、出光興産株式会社と業務・資本提携契約を締結しました。
出光興産株式会社との業務・資本提携を通じ、安心で活力ある超高齢社会を目指し、真に長寿を喜べる生き方の創造に貢献すると共に、出光興産株式会社系列販売店の事業多角化を支援。

ポイント7

多数のメディアから活躍を取り上げられている実績

クリックして続きを見る

リハコンテンツ

以上のような理由から、フランチャイズでデイサービスを開業するのならば、リハプライドを一押しとしました。
リハプライドへの無料資料請求やフランチャイズ説明会などの詳細はこちら