大規模デイサービス

デイサービスの多様化が進み、最近では今までになかった新しいデイサービスも増えてきています。
こちらでは定員、提供サービス、メリット・デメリットなどの大規模デイサービスの特徴について解説します。

大規模デイサービスとは?

大規模デイサービス大規模デイサービスは、1日の利用者が20~30名以上、多いところでは50名以上が利用する大規模デイサービス。

利用者やスタッフの数が多いため、コミュニケーションが活発です。
また、施設・設備が充実しています。
大規模デイサービスでは滞在時間が比較的長めの施設が多いですが、短時間利用できる施設もあります。

大規模デイサービスの特徴

大規模デイサービスは1日の定員20~50名超の通所介護事業で、月平均利用者750名以上900名以内を「大規模事業所Ⅰ」、900名以上を「大規模事業所Ⅱ」としています。
食事などは併設の厨房施設で作られる施設が多く、入浴は複数人一緒で、大浴場・個人浴槽・機械浴・リフト浴などの複数の設備があるところが多いです。
利用者は、食事や入浴サービスを利用したい方、人とコミュニケーションを取るのが好きな方、趣味などを楽しみたい方が多いようです。
大規模デイサービスのメリットは、スタッフや利用者の人数が多いので、コミュニケーションが活発で風通しのよいことや施設・設備が充実しているところです。
また、多くの利用者と接するので、働く側にとっては多くの経験や知識を身に付けることができます。
デメリットとしては、初期投資が1億円を超えることも珍しくないため、開業のハードルが高いことと、利用者一人ひとりの個別対応がしづらく、サービスが画一的になりがちなこと、介護度の重軽度の範囲が広いので会話がかみ合わないことがあります。
また、入浴時の同姓介助を取り入れてないなど、古い体制やサービスの施設もあります。
大規模デイサービスで起業を考えている場合は、この点を考慮に入れる必要があります。