リハビリ型デイサービス

リハビリ型デイサービスは、今後最も増加が予想されるデイサービスとして注目されています。
こちらでは、定員、提供サービス、メリット・デメリットなどのリハビリ型デイサービスの特徴について解説します。

リハビリ型デイサービスとは?

リハビリ型デイサービスリハビリ型デイサービスとは、機能訓練や身体介護など、シニアフィットネスの要素を取り入れ、リハビリに特化した新しいスタイルのデイサービスです。
リハビリ機器の購入が必要なケースも多いですが、政策と合致しており、今後も増加が見込まれます。

要支援1から要介護5の方がリハビリ専門機器とプログラムを利用し、運動機能の回復を目指しています。
身体介護は必要ないけれど、しっかりとしたリハビリを受けたい方が利用しています。
介護や補助が必要な利用者にとって、一つでも多くの動きをご自身で行えるようになること、仕事や生活を楽しめるようになることが目標です。

リハビリ型デイサービスの特徴

リハビリ型デイサービス施設では、「寝たきりの不安」をなくし、「自立した生活と自信の回復」ができるように、安全で無理のないリハビリプログラムを提供しています。

午前・午後のように半日単位の利用が多く、専門的なリハビリを中心としています。
食事や入浴サービスは実施していない所が多いです。
リハビリ型デイサービスのメリットは、集中的に短時間リハビリのみを行います。

リハビリに特化しているので専門スタッフが常駐しています。
施設や設備が新しいものが多いので、介護を受けているというより、ジムに通うような感覚で通うことができます。

デメリットとしては、長時間利用したい方には対応できないこと、リハビリマシンを持たないといけないこと、事業所によって提供しているリハビリプログラムに差があることです。

リハビリ型デイサービスは、機能訓練をしっかりと行いたいと考える要介護者にとって、利用しやすい介護保険サービスです。
他のデイサービスと違い、本人のやる気を促して、確かな変化・成果を目標とすることができます。
また、食事や入浴の介助がないため、スタッフの重労働が軽減し、体力的に楽であるという意見が多く、働きやすい環境が整っています。
これからはリハビリ型デイサービスが主流になってくると思われるので、注目する方が増えているのも納得です。